年齢相応の毛穴ケアに力を入れる

私は北国の生まれ育ちで、若いころはきめの細かい肌がちょっとばかり自慢でした。

周囲の同年代の女性たちが、ニキビや鼻の頭の黒ずみに悩んで、毛穴ケア化粧品や角栓ケアのパックなどにはまっている時も、「他人事」と思っていました。

ところが、年齢が40代になったころから、若いころとはまた違った毛穴の悩みがでてきました。

それは、毛穴の開きやたるみです。何となく毎日鏡をみていて、ある日「あれ?」と気がつくのです。

「何だかお肌の調子が悪い?一時的なもの?」と様子を見ていましたが、改めてじっくり鏡を見ると、問題は毛穴の状態でした。

本来、毛穴を意識することのなかった頬や口の周りの毛穴が、何だか縦に伸びて緩んで見えます。

そのため、顔の皮膚全体がたるんだ印象になってしまっています。

若いころとはまた別の毛穴のトラブルがあることを初めて意識し、年齢相応のエイジングケアの必要性を痛感しました。

これからでも間に合うでしょうか。調べると、毛穴ケアをうたったエイジング化粧品は結構各化粧品メーカーから発売されています。

誰しも悩みは同じという事でしょうか。

私も今後は、毛穴ケアにちょっと力を入れようと考えています。

鼻の毛穴がやっぱり気になる

昔から気になっているのが鼻の毛穴の黒ずみ。
良く世間で言う「苺の表面」ってほどひどい訳ではないんだけど…
鼻全体的にぽつぽつ広がってるんですよね。

スクラブ入りの全顔料で毎日洗っていても無意味。
綺麗になる事はないんですよね。
昔は毛穴パックを結構使っていたんだけどあれって使いすぎると逆に良くないみたいで逆に毛穴が開いちゃうらしいんですよね?
でも毛穴パックをした後にしっかり冷水などで引き締めたら大丈夫って聞いたんだけど実際はどうなんだろ…?
ただ、めんどくさがりの私は毛穴パックも次第にしなくなっちゃったんだけどね(笑)

そんな私がやってしまう一番駄目な事…。
それが爪で毛穴の汚れを絞り出す事。
爪で鼻の毛穴に詰まってるものを絞り出すときに出てくるあの白いにょろっとしたもの…。
あれを絞り出すのって結構気持ち良いんですよね(笑)
鼻に良くないとわかっていながらも…。
絞り出した後に赤くパンパンになった鼻を見ながら、いつも後悔してます。

あー…やっちゃったなーって。

やっぱり毛穴を綺麗にするコスメとか使った方が良いのかな。
それとも年齢的にもう遅いのか…。
若い内から肌のお手入れしっかりしていればよかったかなー。

ヨーグルトパックで毛穴の開きを引き締める

肌の手入れをしていて気になるのが毛穴だと言えます。特に目立つのは鼻の頭の部分で、以前はゴシゴシ擦って洗顔していたのですが洗いすぎは逆効果としり、それからはすすぎだけはきちんとするように心がけています。

冬の寒い時期は出来れば熱いお湯で顔を洗いたいのですが、それだと皮脂がどんどん流れてしまい肌によくないのでぬるま湯で洗うようにしています。

あと入浴後のスキンケアとして保冷剤を使用しています。

肌を温めて汚れを落とした後は保冷剤で冷やして引き締めてやるといいそうです。

1度で効果が目に見えて分かるといった類のものではありませんが、毎日続けることで毛穴が目立たなくなるということなので続けています。

あと気になっているのがヨーグルトパックです。ヨーグルトを顔に塗るとシミやソバカスが減り保湿効果と美白効果、さらには毛穴を引き締めに効果があると聞いて試してみたいと思っています。

正直食べ物を粗末にするみたいで少々抵抗はあるのですが、化粧品のパックと考えると破格の値段です。